多機能製品を使いこなすための説明書

新しいIT製品を購入した際、説明書に目を通して使い方を学ぶことで、初めてその製品に触れることができます。そのため、その製品の性質を表す説明書の存在が欠かせません。
予想されている今後の社会情勢から、情報を扱うことがより一層中心となっていく私たちの生活において、製品に付属される説明書のページ数が増えていくといったイメージを感じさせます。

一般的に、多機能の製品を扱う際には様々な説明が必要とされています。現にオーブンレンジなどの多種多様な機能が搭載されている製品には、事細かな詳細を記す必要性があるためか、説明書が厚めになっています。その厚みは、その製品を正しく扱ってほしいという、私たちに向けられた製作者達の熱い願いなのではないでしょうか?
私たちが、その製品を製造した製作者の想いを受け止めて正しく使用することこそが、彼らの願いが叶う時なのです。

話はがらりと変わりますが、誰かと親しくなりたいと思ったときに、IT製品の使い方を聞くという理由で近づいていき、その人と親密な仲へと発展していきたいと計画を立てている方もおられるのではないでしょうか。
製品の使い方を教えてもらったら、使い方を教えてくれた方に対してお礼を言うのと同時に、その製品を通しての人間関係を構築していき、同じ価値観を持つ者同士の人生を歩み出していこうとする想像力を働かせたりするのかもしれません。
それが、自分にとっての掛け替えのない出会いであるのと同時に、その人を通じて人生の華が開く時となるのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です