想い描く明日を信じて

ITの情報化社会による著しい発展の背景に、セキュリティの強化が挙げられると思います。
今のネット被害の代表例であるサイバー攻撃や、以前話題になった他人からのパソコンを媒体にした遠隔操作を防ぐためにも、国を挙げてのセキュリティ対策が急務であります。

私達が安心してパソコンやネットに繋がる携帯端末機器などの製品を何の問題もなく使えるように、各個人の日頃のウィルス対策ソフトによる徹底した管理が大切なのです。
大切にしている情報の流出やデータの破損を防ぐことが常にネットを楽しむための必須の条件です。
安心してネットを満喫して、何も障害のない情報の伝達や享受によって、人生の質向上や快い刺激による脳の活性化を継続させることになるのです。

脳の活性化は脳細胞の働きを活発にさせます。
情報の享受による刺激を通して閉鎖的な物事の視点から一転して、社交性や冒険性に満ち溢れ生き生きとした、今にも飛び立たんとしているかのような活動性を自身に植えつけ生まれ変わらせようとしているようです。

ネットによってもたらされる幸せや安らぎを保ち続けていくためにも、まずはウィルスを知ることから始めるべきです。
そして国と企業が問題解決に協力し、全てのウィルスを解決していく手立てを見出すことのできる時期に行き着いたときこそ、ネットの世界に真の平和がもたらされるのです。
IT文明によって育まれた今日までの世界との見えない糸の繋がりを大切にしていくためにも、諦めずに頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です